Home // 未分類 // 金利と株価の関連性

金利と株価の関連性


Seaplane
最近安倍ノミクスにより景気が良くなってきていますが、景気が上がれば株価も物価も上がってきます。物価が上がると国民が困ることもあるので景気が良すぎないように調整する必要があります。何をするかというと金利を高くすることです。そうすることによって企業は銀行からお金を借りにくくなるので生産量が下がります。

国民も銀行の金利が上がるのでものか消費せずに銀行にお金を貯金しようとします。それによって生産も消費も抑えられ、お金が回らなくなります。その結果として景気を抑えることができます。逆に不景気になった時には金利を下げます。そうすることで企業は銀行からお金を借りやすくなります。

企業がお金を借りることによって生産は増えます。国民も金利が低いので銀行に貯金することをしなくなります。逆に消費意欲が高くなります。その結果、お金の回りが良くなり景気が良くなります。景気が良くなるということは株価も上がります。このように金利と株価の関連性は密接な関係があるといえます。

photo by: psiaki
Posted in 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>