Home // 経済コラム // 黒田日銀の「バズーカ砲」の凄さ

黒田日銀の「バズーカ砲」の凄さ


Osaka Castle Park, Japan黒田バズーカ砲は、正直リスクの高いものだと思います。金利が押し上げられ、国債の発行コストがかかってしまい、持続不可能なレベルに陥没の恐れがあるからです。今まで何かとマスコミは首相をたたくことが好きだったが今のアベノミクスについては、たたくどころか応援をしてしまっている。


また、円安で製造業の国内に戻ることが進むなどという、夢や理想としてしか思えないことまで書くようになってしまった。あの弱いものいじめ好きのマスコミどもがだ。しかし、マスコミがいうようなことを考えている企業などありもしないのだ。今さら、日本に工場を戻す製造業などあり得ないのだ。


日本経済の復活は、あくまでも実体経済、企業の生産性の向上、画期的なイノベーション、売れる商品の開発などにかかっているのです。ただこのまま円安が続けは日本国債は暴落して日本の金利が高騰する可能性がある。輸入価格の高騰によるインフレが起こって、さらに円安が進む。黒田バズーカ砲は収拾のつかない方向に向かう可能性がある。

photo by: Luke & Ma
Posted in 経済コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>